倉敷市で痛みの軽減が実感できる整骨院。あなたのつらい腰痛など改善します。

さくらもと整骨院


ふくらはぎのお話

ふくらはぎは、浮腫んだり引きつったりといった悩みを持っている方は凄く多いと思います。細くしたいという方も多いですよね。
でも皆さん諦めてしまっていたり、このくらいはと我慢しているのではないですか?

そこで今回は日頃簡単にできるケアをご紹介いたします。

その前にふくらはぎのお話。

少し前から「ふくらはぎは第二の心臓」といわれ著書もたくさん出版されていますね。では、なぜ第二の心臓なのか知っていますか?

心臓から出発した血液は動脈を通って、帰るときは静脈を通ります。心臓から一番遠く下にある足から心臓に戻るには重力に逆らって昇らないといけません。それを可能にするのが「筋ポンプ」と「静脈弁」です。

静脈弁は一方通行にするための構造です。そして筋ポンプは筋肉が収縮運動をすることで静脈が圧迫されて血液が上に押し上げられます。だから第二の心臓なんですね。

しくみが分かると立ちっぱなし、座りっぱなし、運動不足で筋肉を使わないことが健康にも美容にも良くないことが理解できますよね。

では、まずストレッチから

IMG_0876.JPG階段とか、段差があるところでつま先をかけて踵を落として立ちます。
すべりそうで怖い方は低い段差でしてください。
両足がいっぺんにしっかり伸びますよ。






IMG_0877.JPG10回ほどつま先立ちをすると筋ポンプ作用が働きます。
最後にもう1度伸ばしてくださいね。

こむら返りが多い方はこの2つで改善できる人もいます。









IMG_0885.JPG一般的にする人が多いこのストレッチもタオルとかスリッパのかかと部分を使ってつま先の方で踏んで行うと凄く伸びます。
















IMG_0880.JPGデスクワークの人が簡単に出来る手を使わないマッサージです。
アキレス腱の辺りとひざを合わせてふくらはぎをひざに押し付けながらひざ裏まで滑らせてください。
気持ちいいですよ。
ふくらはぎを3つのラインに分けて中央・内側・外側と3回滑らせてください。






IMG_0881.JPG















IMG_0883.JPG足を組むような形で、ひざ裏とひざを合わせてひざから下をぶらんぶらんと動かします。
ポイントはひざ裏の少し痛いところを探しながらそこで動かします。

ひざ裏て痛いという人が多いですけど、後がスッキリしますよhappy01







IMG_0884.JPG

さくらもと整骨院のご案内

住      所:
〒710-0833岡山県倉敷市西中新田342-3コーポ片山103
アクセス:
旧大高街道沿い、白楽町交差点から南進600m、大高交番から北進300m
お問い合わせ・ご予約
086-427-5535
受付時間:
【平日】
9:00~12:30/15:00~19:00
【水曜】9:00~12:30
【土曜】9:00~14:00
定休日:
水曜日午後、土曜日夜、日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ